中島裕翔の演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

Hey!Say!JUMPのメンバーとして歌、バラエティ、ドラマ、映画、CMなどマルチに活躍している中島裕翔。可愛げのあるイケメンフェイスでファンから絶大なる人気を誇っています。

そんな中島裕翔の演技力はどうなんでしょうか?そこで今回は中島裕翔の演技が下手か?上手か?ドラマの評価や感想から検証してみました。

スポンサードリンク

中島裕翔の代表作における演技力の評価

『エンジン』(2005年の春ドラマ)

 

レーシングドライバーの奮闘をテーマにした月9ドラマ。木村拓哉主演、小雪、堺雅人、松下由樹、上野樹里、戸田恵梨香、有岡大貴、中島裕翔、岡本綾、高島礼子、角野卓造、夏帆、泉谷しげる、西村雅彦、温水洋一、国生さゆりなど、豪華キャストで人気を博しました。

当時12歳だった中島裕翔は両親に捨てられて児童養護施設「風の丘ホーム」にいる草間 周平役を演じました。頭が良くて成績優秀だが、過去のトラウマから大人嫌いな性格の役柄を演じた中島裕翔の評判はどうだったのでしょうか。

 

当時はまだ小学生。演技のことはさておき、可愛い顔していましたね。あの少年が今はこんなに大きくなって活躍しているのを見ると、何だか感激してしまいます。

 

『野ブタ。をプロデュース』(2005年の秋ドラマ)

 

亀梨和也と山下智久のW主演、堀北真希、戸田恵梨香、木村祐一、大東駿介、中島裕翔、忌野清志郎、高橋克実らが出演した『野ブタ。をプロデュース』。地味でさえない女子をイケメン男子がプロデュースするストーリー展開に、当時絶大なる人気を誇りました。堀北真希の出世作としても知られていますね。

このドラマにも当時12歳の中島裕翔が桐谷修二(亀梨和也)の弟役として出演しています。視聴者の声を見ていきましょう。

 

天使のようにかわいい中島裕翔が絶賛されていましたね。

 

『プリマダム』(2006年の春ドラマ)

 

町のバレエ教室に通う主婦たちが自分の生きがいを再発見していくための奮闘を描いた物語。黒木瞳主演、古田新太、夏帆、中森明菜、内藤剛志、中島裕翔、高岡早紀、神田うのらが出演しました。

当時13歳だった中島裕翔は倉橋嵐子(中森明菜)の息子で天才的なバレエの才能をもつ遥生役を演じました。中学1年生になり、『野ブタ。をプロデュース』の頃と比べると少しだけ大人に向かって成長している様が見られるこの作品の感想を見ていきましょう。

 

下のツイートにある動画では『プリマダム』当時の中島裕翔の演技を見ることができます。他の役者もみんな若いですね。

 

『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(2008年の秋ドラマ)

 

中島裕翔、山田涼介、知念侑李、有岡大貴の4人が主演で、中学生4人組がダメ教師を再生するために立ち上がる物語。この他にも高畑岬、菊池風磨、中島健人らジャニーズと、西内まりや、足立梨花、間宮祥太朗らの若かりし姿を観ることができます。

さらに教師役には加藤あい、向井理、南野陽子、仲本工事ら豪華キャストが勢揃い。中島裕翔は主人公の久坂 秀三郎を演じています。当時15歳の中島裕翔に対する感想はどうだったのでしょうか?

 

ジャニーズファンにとってはたまらない作品。中島裕翔もしっかりと主演の役割を果たしました。

 

『理想の息子』(2012年の冬ドラマ)

 

マザコン息子と母を描いたホームコメディ。山田涼介と鈴木京香のW主演、藤ヶ谷太輔、中島裕翔、ケンドーコバヤシ、鈴木杏樹、沢村一樹、三吉彩花らが出演しました。

中島裕翔は大企業の御曹司だけど人見知りで弱々しい”依存型マザコン”役を演じました。すでに19歳になっており演技経験を積み重ねてきた中島裕翔の感想はどうだったのでしょうか?

 

視聴者から「きもい」など酷評する声が相次ぎましたが、逆に言えば中島裕翔がしっかりとした演技を見せたからこそ、と言えるのではないでしょうか。

 

『シェアハウスの恋人』(2013年の冬ドラマ)

 

シェアハウスを舞台に恋の三角関係を描くコメディタッチのラブストーリー。水川あさみ主演、大泉洋、谷原章介、中島裕翔、川口春奈、須藤理彩らが出演しました。

中島裕翔は津山 汐(水川あさみ)の弟で城南学院大学に通う凧役を演じました。この役柄における中島裕翔の評価を見ていきましょう。

 

この頃から「かわいい」、「かっこいい」だけでなく、役者としての評価もされるようになった中島裕翔。視聴者の感想としては賛否両論といったところでしょうか。キャラクター的にハマっていましたが、セリフ回しや滑舌に難があるという声がありました。

 

『半沢直樹』(2013年の夏ドラマ)

 

平均視聴率28.7%、最高視聴率42.2%を記録した池井戸潤原作の名作ドラマ。堺雅人主演、上戸彩、及川光博、片岡愛之助、滝藤賢一、中島裕翔、モロ師岡、壇蜜、赤井英和、石丸幹二、吉田鋼太郎、笑福亭鶴瓶、香川照之ら豪華キャストも話題になりました。

中島裕翔は新人の融資課・中西 英治役を熱演。銀行内の不正を半沢直樹(堺雅人)に伝えるなど、正義感溢れる役柄を演じた中島裕翔の評価を見ていきましょう。

 

この作品における中島裕翔の演技は「上手い!」という声が相次ぎました。こうした役柄がマッチしているという要因もあったでしょう。しかし、上のツイートにあるように中島裕翔は謙虚な姿勢を崩しません。

 

『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(2014年の春ドラマ)

 

小田原の野球部が舞台の青春物語。二宮和也主演、麻生久美子、福士蒼汰、有村架純、中島裕翔、山崎賢人、本郷奏多、間宮祥太朗、薬師丸ひろ子ら、現在の主演クラスが多数出演したドラマでした。

中島裕翔はへっぽこ野球部の中で唯一の実力者であるサードの白尾 剛役を演じました。密かに柚子(有村架純)に想いを寄せる”ウブな”役柄における感想はどうだったのでしょうか?

 

野球は初心者だった中島裕翔が野球の演技をするのは大変だったでしょう。細やかな中島裕翔の演技については、概ね好評でした。

<関連記事>

山崎賢人の演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

 

『水球ヤンキース』(2014年の夏ドラマ)

 

高校の水球部の奮闘を描いた物語で、中島裕翔が初の連続ドラマ主演に抜擢された記念すべき作品。中島裕翔、山崎賢人、千葉雄大、間宮祥太朗、中川大志、吉沢亮、大政絢、横山裕、大原櫻子、新川優愛、佐野ひなこなど、男子からも女子からも”目の保養”になったと絶賛された人気作品。

中島裕翔は主人公でエースの稲葉 尚弥役を演じています。初の主演ということで気合の入った演技を見せた中島裕翔に対する世間の反応を見ていきましょう。

 

ヤンキールックの中島裕翔も話題になりましたが、しっかりとした演技を見せました。いろいろなキャラクターを無難にこなせる幅の広さも魅力的です。

<関連記事>

大原櫻子の演技が上手いと絶賛される3つの理由

佐野ひなこの演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

 

『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年の冬ドラマ)

 

恋の四角関係を描いた月9ドラマ。杏主演、長谷川博己、松重豊、和久井映見、中島裕翔、国仲涼子、風吹ジュンらが出演しました。

中島裕翔はスポーツ用品メーカーの営業で依子(杏)に想いを寄せ、その後に佳織(国仲涼子)と近づいていく鷲尾 豊役を演じています。この作品における中島裕翔の感想はどうだったのでしょうか?

 

繊細でピュアな鷲尾 豊を丁寧に演じきりました。表情で訴えかける表現力にも磨きがかかってきたと言えるのではないでしょうか。

 

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(2016年の夏ドラマ)

新入社員が総合商社で戸惑いながらも成長していく過程を描いた物語。中島裕翔主演、遠藤憲一、瀬戸康史、桐山照史、山本美月らが出演しました。

中島裕翔は主人公の一ノ瀬歩役を演じています。視聴率は低調で世間からの評価は低いですが、ファンの間では絶賛されている作品。このドラマにおける視聴者の評価を見ていきましょう。

爽やかで清涼感溢れる中島裕翔の演技を絶賛する声が相次いでいました。新人の苦悩と奮闘を丁寧に演じていますね。

<関連記事>

山本美月の演技は下手か?上手か?ドラマの感想から検証してみた

桐山照史の演技は下手か?上手か?ドラマの感想から検証してみた

 

スポンサードリンク

 

中島裕翔の演技は下手か?上手か?

これまで中島裕翔が出演した作品における評価から、演技のポイントを見ていきます。

  • 子役からの経験を活かし、さまざまな役柄をソツなくこなせる演技の幅が魅力的
  • 爽やかで清涼感溢れる見た目と雰囲気がドラマ向き
  • 全体的に安定感がる
  • 最近は表現力にも磨きがかかってきた
  • 滑舌にやや難あり
  • ジャニーズの中では演技力が高い方である

 

小学生の頃からずっと演技を続けてきている経験は伊達ではなく、どんな役柄でもスマートにこなせる安定感と幅の広さが魅力的です。苦手とされていた表現力にも磨きをかけているため、爽やかなスマイルを活かし、今後もドラマの主役としての活躍を期待したいですね。

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。