本田翼『地味スゴ』の演技が下手、上手くなったと評価が別れる理由

2016年10月5日にスタートした秋ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』。石原さとみ、菅田将暉、本田翼、足立梨花など今をときめく人気キャストを大量投入した甲斐もあり、高い視聴率と高い評価を獲得しています。

しかし、Lassyの編集者・森尾登代子を演じる本田翼の演技について、「下手クソ」、「大根」など酷評する声がある一方、「演技が上手くなった」という声もあります。実際のところ、本田翼の演技はどうなのか?


そこで今回は『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』における本田翼の演技が下手なのか?上手なのか?について見ていきます。

スポンサードリンク

本田翼『地味にスゴイ』の演技が下手クソと言われる理由

”モデル出身女優”の筆頭として活躍してきた本田翼。これまで数多くのドラマや映画に出演してきましたが、基本的には「演技が下手」と言われてきました。なぜ本田翼の演技が下手だと思うかの理由については大きく次の2つが挙げられます。

  1. セリフが棒読み
  2. 滑舌が悪い

上の2つは演技において非常に大切な要素。喜怒哀楽やその時の感情をしっかりとセリフに乗せて表現をしないと視聴者は違和感を感じてしまいます。また、聞き取りやすくしゃべらないと視聴者は「何を言っているのかわからない」と不安に感じて感情移入できなくなってしまいます。


今回の『地味にスゴイ』の本田翼の演技はどうなのか?今回も感情が乗り切らずセリフが棒読みになることが散見され、滑舌もあまり良くありません。

 

共演者と比較されてしまうことも酷評の理由

この点については周りの共演者との比較も大事になってきます。主演の石原さとみは滑舌良く早口で欧米並みのオーバーリアクションが持ち味。この石原さとみが共演していることで本田翼の演技がより強調されてしまっているのではないでしょうか。(石原さとみのワンパターン演技が酷評されることも多いのですが)。

石原さとみ『地味にスゴイ』の演技がわざとらしいと酷評される3つの理由

共演者がアイドルやジャニタレなど、演技が上手でない出演者だったら本田翼の演技が目立つことはなかったでしょう。正直、本田翼の演技については以前に比べれればだいぶ改善されていると思っているのですが、『地味にスゴイ!』については菅田将暉、青木崇高、岸谷五朗、足立梨花ら安定感があって演技上手な役者が揃っていることも本田翼にとっては逆風になってしまいました。

 

以前と比べるとだいぶ良くなっている

本田翼が直近で出演したドラマといえば2015年夏の月9ドラマ『恋仲』です。本田翼、福士蒼汰、野村周平、大原櫻子、太賀、市川由衣、山本美月、新川優愛など今をときめく若手キャストを「これでもか!」というくらい大量投入して話題を呼びました。実際、ティーン層からは「キュンキュンする!」と絶賛されています。

しかし、『恋仲』での本田翼の演技は、

  • 基本的に棒読み
  • 肝心なところで感情が上滑りしてる
  • 滑舌が悪い

など、この時の叩かれようは酷いものでした。

確かにチャームポイントの笑顔が演技の下手さをカバーするほど可愛かったのですが、視聴者からは「笑顔を出しておけばいいと思っているだろう」という声もありました。やはりセリフのないモデルなら映えるけれど、演技については正直厳しいと思える出来でした。

 

スポンサードリンク

 

映画『少女』の演技は絶賛されている

2016年10月8日に公開された映画『少女』。本田翼と山本美月のW主演で女子高生の死生観を描いた重いテーマとダークなタッチが話題となりました。この映画で本田翼が演じた暗くて狂気を垣間見せる役柄は、これまでの本田翼の評価を覆すものでした。

「これがあの本田翼なのか!?」と思える変貌ぶりを見せ、まさに新境地を開いたと言えるほどの演技を披露しました。これまでの本田翼はもともとの明るい性格と笑顔を売りにしていたことから、明るいキャラクターや恋愛もののヒロインを演じることがほとんどでしたが、今回の『少女』を見る限り、本田翼はダークな役柄や気怠い役柄のほうがマッチしているのではないかと考えられます。

 

結論

『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』で本田翼が演じる森尾登代子は基本的に気だるそうにしています。冷めた表情をしていることも多いですね。こうした役柄は本田翼の得意分野であることから、『恋仲』のときよりも評価が高く、「演技が上手くなった」という感想も数多くありました。

しかし、この役柄は時折明るい演技や笑顔も見せるため、その時は本田翼の悪い部分が出て、「演技が下手」という評価につながってしまうのでしょう。だからこそ、このドラマは「演技が上手くなった」という声と「演技が下手」という相反する声があるのでしょう。

映画『少女』で新境地を見出した本田翼。どうせなら悪女路線に走ってほしいものです。もしかしたら菜々緒級の才能があるかもしれません。

<こんな記事も読まれています>

『地味にスゴイ!』が”地味につまらない”と感想が多いワケ

織田裕二『IQ246』の珍演技「確かに変だがクセになる」

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。