浅野忠信『アライフ』の演技が下手クソ!と酷評されている理由

2017年1月からTBS日曜劇場で放送されている冬ドラマ『A LIFE~愛しき人~』。木村拓哉主演、竹内結子、浅野忠信、松山ケンイチ、木村文乃ら超豪華キャストが出演する骨太医療ドラマとして視聴率も上々です。

しかし、副委員長の壇上壮大役を演じる浅野忠信の演技が「下手!」、「大根!」という声が視聴者から続出するなど芳しくありません。演技派俳優と謳われてきた浅野忠信の演技はなぜ酷評されているのか?そこで今回は『アライフ』における浅野忠信の演技が下手と言われている理由について見ていきます。

関連記事

月9『突然ですが、明日結婚します』が視聴率も評価も低い4つの理由

スポンサードリンク

浅野忠信『A LIFE』の演技が下手だと酷評される理由

その1.声がガラガラで聞こえづらい

役者にとって”声”が重要なのは言うまでもありませんね。滑舌、声のトーン、喋り方、声の大きさ、声そのものの質。いずれも大事なものばかりです。なぜならばドラマや映画などの映像作品は声で情報を発し、声で感情を現すからですね。

正直、声が良ければ演技が上手く、その人自身も魅力的に見えますが、声が悪ければ演技が下手くそに、その人の魅力も半減してしまいます。だからこそ、役者はボイストレーニングをするわけです。

浅野忠信の声は一言で言うと”ガラガラ声”。「声が枯れてるの?」と思えるほどです。あの声だと浅野忠信が何を言っているのかわかりづらく、言葉を聞き取るのに集中する余り、肝心のストーリーに感情移入することができません。また、声を聞いただけで不快に感じる方もいるでしょう。

ただひとつ言えるのは、浅野忠信の声は彼の個性であり、任侠もの悪党役ならばハマったはず。しかし、医者でありエリートの副委員長という役柄であの声はミスマッチです。浅野忠信が悪いというよりは、キャスティングミスだったのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

その2.表情が固い

役者にとって声と同じくらい大事な要素は表情ですね。その理由は至って明確。小説のように感情を文章で表せない映像作品は、感情を表情で表現する必要があるからです。喜怒哀楽を表情や目で上手に現すことができる役者は「演技が上手い!」と思われやすいですよね。

『アライフ』の浅野忠信の表情は全体的に固さが目立ちます。浅野忠信は基本的に渋い顔をしていますが、全体的に渋い顔だけになっているような気がしてなりません。繰り返しになりますが、任侠の悪党役ならばずっと固くてもいいでしょう。

しかし、このドラマの場合は笑ったり、喜んだり、怒ったり、苦悩したりするなど感情の多様性が必要になるはず。だから表情ももっといろんな表情がみたいですよね。もしかしたら、役柄の設定上、あえて表情を固くし続けているのかもしれませんが、もっと多彩な表情を見せれば視聴者の評価も下がらなかったのではないでしょうか。

最後に

残念ながら『アライフ』において浅野忠信の演技の評価は芳しくないようです。しかしながら、演技の評価というのは表裏一体なのが世の常。全く違う作品では浅野忠信の演技が凄い!表情だけで物語るあの迫力は凄いという声もあります。やはりミスキャストだったというのが一番の理由ではないでしょうか。

こんな記事も読まれています

伊藤淳史『大貧乏』の演技が下手と言われる理由

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。