福士蒼汰『愛してたって、秘密はある』の演技が下手くそ!と酷評される理由

2017年7月16日からスタートした夏ドラマ『愛してたって、秘密はある。』。秋元康企画、福士蒼汰、川口春奈らが出演することで注目されてきました。

しかし、主人公の奥森黎役を演じている福士蒼汰の演技が「大根!」、「棒演技!」と酷評されています。爽やかイケメンで人気の福士蒼汰がなぜ?と不思議に思う方も少なくないはず。そこで今回は『愛してたって、秘密はある。』の福士蒼汰の演技が下手くそ!と酷評されている理由について見ていきます。

スポンサードリンク

なぜ『愛してたって、秘密はある。』福士蒼汰の演技が下手と酷評されているのか?

その1.セリフが棒読み

これまで数多くのドラマに出演してきた福士蒼汰。最近では『お迎えデス。』、『恋仲』、『弱くても勝てます』などがあります。どれも主演かメインキャストだったわけですが、出演するたびに「セリフが棒読み!」という意見が数多くありました。

まだ成長していないということですかね。

今回の『愛してたって、秘密はある。』でも、棒読みのセリフがどうしても目立ってしまいます。喜怒哀楽を表さなければならない場面で、どうしても感情がセリフに乗り切らず、上滑りしている印象です。

ものすごいイケメンなんですが、、、残念ですね。

スポンサードリンク

その2.表情が下手くそ

演技においてセリフと同じくらい大事なのが表情ですよね。小説やマンガのように心の感情を文字にすることができないので、表情で感情を表現するわけです。

『愛してたって、秘密はある。』の演技でとくに目立っているのが、福士蒼汰の表情で感情を上手く表現できていませんね。例えば、第1話で緊急の電話が会ったシーン。びっくりして驚く表情がもっとうまくできないのかなぁ?と思った方もいるはず。

シリアスなシーンや緊迫感があるシーンでもイマイチ、その緊迫度が伝わってこないといういうか。やっぱり、福士蒼汰はミステリーより、ラブストーリーのほうがいいのかな?

最後に

前年ながら今回も高い評価を獲得できていない福士蒼汰の演技。しかし、福士蒼汰は絶世のイケメン。「例え演技が下手でも福士蒼汰なら許す!」という方も多いはず。演技が下手でも愛される…。それこそが、福士蒼汰の長所なのかもしれませんね。

こんな記事も読まれています

『愛してたって、秘密はある。』がつまらない!と酷評されている3つの理由

この人の演技も酷評されています

吉岡里帆『ごめん、愛してる』の演技がヒドい!と酷評されるワケ

スポンサードリンク

3 件のコメント

  • 周りの役者さんが上手い方多すぎて、福士と川口の大根っぷりが際立ってしまっている。ある意味キャストミス。大根ばかりだったら埋もれたと。ココリコ遠藤レベルだね。

  • 毎回毎回
    福士蒼汰のびっくりわなわな顔が
    下手過ぎて 可哀想なくらい。
    監督にも毎回カーット!って言われてるんだろなぁ。
    福士くんも演技実は得意じゃないかもね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。