三浦翔平月9の演技が上手いと絶賛評価される3つの理由

2016年7月スタートの月9『好きな人がいること』。湘南を舞台にした夏らしいラブストーリーが話題ですね。その中でも長男の柴崎千秋役を演じる三浦翔平の演技が上手と話題です。

そこで今回は夏ドラマスキコトで三浦翔平の演技が評価される理由について見ていきます。

スポンサードリンク

スキコトで三浦翔平の演技が上手いと評価される3つの理由

1.自然で安定感のある演技

『好きな人がいること』で三浦翔平が演じているのは、イケメンの柴崎3兄弟の長男であり、湘南のレストランのオーナー。美咲(桐谷美玲)が憧れるようなしっかり者で落ち着いた雰囲気が魅力的。

こうした役柄をきちんとイメージして演じているのか、三浦翔平は基本的に安定感のある演技を見せ続けています。一つ一つのセリフ回しも自然でナチュラルにこなしていますね。

 

もともと三浦翔平は過去に出演したドラマ『ダメ恋』、『エンジェルハート』、『ホテルコンシェルジュ』、『ゴーストライター』などでも安定感のある演技に定評がありました。今回のスキコトでもその実力がいかんなく発揮されており、ドラマ全体に安定感をもたらしています。

バタバタな美咲(桐谷美玲)、ドSな夏向(山崎賢人)、プレイボーイな冬真(野村周平)の中で唯一、落ち着いていて安心できると言えるのではないでしょうか。

 

2.男らしくて安心する声

三浦翔平がかっこいいと人気のある理由の1つはやはり彼の男らしくて太い声。聞いていると安心してしまうという方も多いのではないでしょうか。

単に太くて男らしい声だけでなく、その裏に繊細さと優しさが見え隠れするからこそ多くの人の心を動かすのでしょう。いつまでも聞いていたくなる声です。

声は役者にとって非常に大きな要素。声の良し悪しで人を快適にするか、不快にするかが決まってしまうと言っても過言ではありません。三浦翔平の甘くて優しいしゃべり方や声のトーンこそが絶賛される理由の1つと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

3.お茶目でかわいい演技もできる幅の広さ

直近では比較的、真面目かつ好青年役を演じてきた三浦翔平。『ホテルコンシェルジュ』では仕事ができて頼れるお兄さんみたいな役柄をこなし、『エンジェルハート』ではかっこいいアクションを披露し、『ダメ恋』では爽やかで優しい好青年を演じました。

『好きな人がいること』でも落ち着いていて優しい長男を演じていますが、時折見せるおちゃめな演技やかわいい笑顔が何とも印象的。下の動画のシーンでキュンキュンしてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

やはり演技下手な役者はどのドラマでもどの映画でも同じような演技しかできません。三浦翔平は役柄やドラマ、シーンによって演技を使い分けることができる”演技の幅”を持っていますね。

多彩な表情を持ち、多くの引き出しがある三浦翔平はまさに”演技上手”な役者であると言えますね。

 

最後に

安定感のある自然な演技、安心感を与える優しくて男らしい声、そしてどんな役柄でもこなせる演技の幅。まさに演技上手な役者としてドラマでは欠かせない存在になっている三浦翔平。

作品ごとの成長も感じられるのは、彼が人知れず努力している証しですね。今後はさらに大きく飛躍していくことが期待できます。

<こんな記事も読まれています>

山崎賢人の演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

桐谷美玲月9の演技が下手すぎてひどいと酷評される7つの理由

野村周平の演技は下手か?上手か?ドラマの感想から検証してみた

飯豊まりえの演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証した

菜々緒月9の演技は下手か?上手か?感想から検証してみた

大原櫻子の演技が上手いと絶賛される3つの理由

佐野ひなこの演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。