藤井流星『レンタル救世主』の演技が下手!と酷評される2つの理由

2016年10月9日にスタートした秋ドラマ『レンタル救世主』。沢村一樹、藤井流星、志田未来、勝地涼、中村アン、稲森いずみら豪華キャストが出演することで話題になっていました。

実際、放送開始後には「面白い!」などの意見が相次いでいることから、上々なスタートを切ったといえるでしょう。ただし、ドラマの中でヒーロー的な重要な役割であるにも関わらず、藤井流星の演技に対しては「下手!」、「棒読み」など、評判が良いとはいえません。

そこで今回は『レンタル救世主』における藤井流星の演技について見ていきます。

スポンサードリンク

藤井流星『レンタル救世主』の演技が下手くそと酷評される2つの理由

その1.セリフが棒読み

『レンタル救世主』で藤井流星が演じる葵伝二郎は、めちゃくちゃナルシストで自分が目立つことにしか興味がないけれど、ケンカは人間離れした強さをもつ”ヒーロー”。捉えられてピンチに陥る明辺 悠五(沢村一樹)を尻目に大活躍します。

しかし、普段のセリフからアクションシーンに至るまですべてセリフが棒読みで感情が乗り切れていません。毎回のお決まりシーンとなっているカメラに向かって自己陶酔しながら喋るシーン。ナルシスト的なキャラクターは面白くて良いのですが、そこで喋るキザなセリフが棒読みなのはいただけませんね。

ああいうキャラクターは確かに難しいのですが、完全になりきって演じないと観ている視聴者も恥ずかしくなってしまいます。恐らく演じている藤井流星も気恥ずかしいと感じて演じているのでしょう。それがテレビを通して伝わってしまいました。

せっかくイケメンでアクションシーンはカッコイイのだから、思い切って自分を捨ててナルシストになり切ってほしいですね。

 

その2.メリハリがない

藤井流星の役柄は基本的にテンションが高くて、よく喋ります。ナルシストでヒーローで賢いという設定だから当然でしょう。しかし、常にテンションを上げて大声で喋っているだけという印象を受けてしまいました。

やはり演技というのは”動と静”、”強と弱”があってこそ、それぞれが際立つもの。メリハリがないとテンションを上げるシーンも活きないし、逆に潮らしくなるシーンも際立ちません。藤井流星は普段のシーンをもう少し抑えめにしたほうが、クライマックスでテンションを上げる時に抑揚があって際立つと思うのは筆者だけでしょうか。

もう少し強弱をつけて欲しいなぁ。

 

最後に

今回はかなりの大役を任された藤井流星。キャラクターの面白さやアクションシーンはカッコイイので、演技力をもう少し向上させてほしいですね。まだ23歳と若いので伸びしろはありますので、これから回が進むごとに上手になっていくことを期待します。その前に視聴者が慣れてしまう可能性もありますが。

<こんな記事も読まれています>

『レンタル救世主』がつまらないと感想が多く酷評されるワケ

横山裕『ON』の演技が下手すぎると酷評されている

織田裕二『IQ246』の珍演技「確かに変だがクセになる」

スポンサードリンク

5 件のコメント

  • 潮らしく、なんて誤った日本語平然と書くバカが何上から目線でほざいてんだか。
    潮らしくなるシーンってなんだ、塩分高いシーンか?
    注意力をもう少し向上させてほしいですね。

  • 別に演技下手じゃなくない!?
    私は普通に良いと思うしカッコイイ♡♡
    ジャスミンだから思うのかもしれないけど演技下手とか
    言う奴許さない・・・

    • 自分の事ジャスミンって言うとか、きもすぎんだけどwwwww
      頭大丈夫???w ナルシでキチガイとか気色悪すぎwww 絶対ブスだろwww
      精神病院行けよw

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。