山本美月の演技は下手か?上手か?ドラマの感想から検証してみた

抜群のスタイルと”男好きする”美貌を活かしモデルや女優として人気の山本美月。最近ではドラマ、映画、CM、舞台、バラエティなど活躍の場を広げています。

そんな山本美月の演技は実際のところどうなんでしょうか?そこで今回は山本美月の演技が下手か?上手か?ドラマの評価や感想から検証してみました。

スポンサードリンク

山本美月のプロフィール

 

つめことお買い物行ったんだ。 #kotsume

山本美月さん(@mizuki_yamamoto_official)が投稿した写真 –

  • 1991年7月18日生まれ
  • 福岡県福岡市出身
  • 明治大学農学部卒業
  • 血液型はO型
  • 2009年7月に「東京スーパーモデルコンテスト」で初代優勝を飾り、芸能界デビュー

 

山本美月の代表作における演技力の評価

『幸せになろうよ』第6話、7話(2011年の春ドラマ)

 

結婚相談所を舞台にしたラブストーリーを描いた月9ドラマ。香取慎吾主演、黒木メイサ、藤木直人、吉田羊、綾部祐二、国仲涼子、原田美枝子、高畑淳子、玉森裕太、小林薫らが出演しました。

山本美月は第7話のゲストとして登場。柳沢 優次(玉森裕太)の彼女役を務めました。モデルとして活躍していましたが、女優としてはあまり有名でなかったこのドラマにおける視聴者の反応を見ていきましょう。

 

『幸せになろうよ』に山本美月が登場していたことはあまり知られていませんでした。ゲスト役なので「かわいい子がいる!」という印象だけが残ったのでしょう。

 

『ドクターX~外科医・大門未知子~』(2012年の秋ドラマ)

 

女性外科医の奮闘を描く大人気シリーズ。米倉涼子主演、内田有紀、遠藤憲一、岸部一徳、田中圭、山本美月、室井滋、伊東四朗、藤木直人、満島真之介、水沢エレナ、高畑淳子、渡辺いっけい、ビートたけし、生瀬勝久、西田敏行ら豪華キャストが出演していました。

山本美月はオペ室の新米弁護士・小池 理恵役を演じました。あまりセリフは多くありませんでしたが、このドラマにおける感想はどうだったのでしょうか?

 

このドラマではチョイ役だったので、演技よりは「ナース姿がかわいい!」という男子からの声援が目立ちました。

 

『SUMMER NUDE』(2013年の夏ドラマ)

 

海を舞台として若者の”夏の恋”を描いた月9ドラマ。山下智久主演、香里奈、戸田恵梨香、長澤まさみ、高橋克実、板谷由夏、勝地涼、窪田正孝、山本美月、中条あやみ、千葉雄大、乃木坂46の橋本奈々未、キムラ緑子ら超人気キャストが勢揃いしたことで話題になったドラマでした。

山本美月は帰国子女のクォーターモデルの卵・堀切 あおい役を演じました。もともとモデル出身のため、こういった役柄をイメージしやすかったのではないでしょうか。世間の反応を見ていきましょう。

 

このドラマでは”男好きする”顔とスタイルが群を抜いていましたね。美貌で男性の視線を釘づけにするのも女優の武器と言えるのではないでしょうか。

 

『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(2013年の秋ドラマ)

 

100年後の未来から来たアンドロイドと人間をテーマにした物語。木村拓哉主演、柴咲コウ、大島優子、山本美月、桐谷美玲、桐谷健太、山口紗弥加、遠藤憲一、本田翼らが出演しました。

山本美月は沫嶋 黎士(キムタク)の助手で11年連続ミスコンを制覇している栗山 薫役を演じています。ここでも美貌を主眼とした演技を披露した山本美月に対する視聴者の評価はどうだったのでしょうか?

 

今回も美貌は絶賛されていましたが、印象に強く残るような役柄ではありませんでした。純粋な演技力については桐谷美玲、本田翼と並び、あまり高い評価を獲得できなかったというのが正直なところでしょう。

<関連記事>

桐谷美玲月9の演技が下手すぎてひどいと酷評される7つの理由

 

『僕のいた時間』(2014年の冬ドラマ)

 

かけがいのない”いのち”と”時間”をテーマにしたヒューマンドラマ。三浦春馬主演、多部未華子、斎藤工、山本美月、野村周平、原田美枝子、浜辺美波、浅田美代子らが出演しました。

山本美月は本郷 恵(多部未華子)の親友・村山 陽菜役として登場。アニオタぶりを発揮したり、”大人の演技”も披露した山本美月に対する視聴者の評価を見ていきましょう。

 

演技については全体的に酷評されていましたが、「かわいいから許す!」といったところでしょう。

<関連記事>

野村周平の演技は下手か?上手か?ドラマの感想から検証してみた

 

『アオイホノオ』(2014年の夏ドラマ)

 

大阪芸術大学のバトミントン部とマンガ制作を舞台としたテレビ東京で放送された物語。柳楽優弥主演、山本美月、黒島結菜、ムロツヨシ、濱田岳、小嶋陽菜、佐藤二朗、市川由衣、葵わかならが出演しました。

山本美月はヒロインでバトミントン部のマネージャー・森永とんこ役を演じています。ローカル放送ながらもメインキャストに抜擢された山本美月に対する感想はどうだったのでしょうか?

 

美貌、キャラクターを含め「山本美月といえばとんこ」と言えるほどのインパクトを与えました。まさにはまり役と言っても過言ではありません。山本美月は良い意味で”美貌×ちょいエロ”の役柄がハマりますね。

 

『地獄先生ぬ~べ~』(2014年の秋ドラマ)

 

大人気マンガ・『地獄先生ぬ~べ~』を原作としたドラマ。丸山隆平主演、桐谷美玲、速水もこみち、知念侑李、中川大志、吉沢亮、佐野ひなこ、佐野岳、水谷果穂、山本美月、優香、坂上忍らが出演しました。稲川淳二や堀北真希、山田涼介らが登場したシークレットナレーターも話題になりましたね。

山本美月は葉月いずな役として登場。この作品も美貌が際立ちましたが、反応はどうだったのでしょうか?

 

今回もビジュアル面ではかなりの評価を与えていました。テレビへの露出度も高くなっていたので、この頃から山本美月の名前は全国区になっていたと言えるでしょう。

<関連記事>

佐野ひなこの演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

 

『64(ロクヨン)』(2015年の春ドラマ)

 

警察を舞台としたスリリングなサスペンスが魅力の物語。ピエール瀧主演、木村佳乃、入山杏奈、新井浩文、山本美月、永山絢斗、萩原聖人、柴田恭兵、吉田栄作らが出演し、『文化庁芸術祭賞』の大賞を受賞した作品として、識者から高い評価を得たドラマでした。

山本美月は広報室で秘書課の美雲 志織役を演じています。演技派揃いのこの作品における山本美月の演技はどうだったのでしょうか?

 

このドラマでは今までのビジュアル重視の”艶技”路線を一変して、しっかりとした表現と”演技”を披露。「演技が以前より上手くなっている」という声が目立ちました。

 

『恋仲』(2015年の夏ドラマ)

 

月9らしいピュアなラブストーリーで若者から支持された夏ドラマ。福士蒼汰、本田翼、野村周平、大原櫻子、太賀、大友花恋、市川由衣、山本美月、新川優愛、吉田羊ら若者に人気のあるキャストが勢揃いしました。

山本美月は葵(福士蒼汰)が働く設計事務所の同僚で先輩の富永美玲役として登場しています。今回は”働く大人の女性”として控えめな役柄だった山本美月に対する感想を見ていきましょう。

 

このドラマでも山本美月の演技力が向上しているという声が相次ぎました。『64』で一皮むけたのでしょうか。「モデルの傍ら女優をしている」という気持ちから「私は女優である」という意識に変わったかもしれません。

<関連記事>

大原櫻子の演技が上手いと絶賛される3つの理由

 

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(2016年の冬ドラマ)

 

怪奇的な性格の准教授と推理作家のコンビで事件を解決に導くミステリードラマ。斎藤工主演、窪田正孝、優香、山本美月、長谷川京子、生瀬勝久、夏木マリらが出演したことで話題になりました。

山本美月は英都大学社会学部の学生で火村 英生(斎藤工)に興味をもつ貴島 朱美役として出演しました。この作品では美しいながらもどこか影のある役柄を演じましたが、このドラマにおける山本美月の評価はどうだったのでしょうか?

 

ここでは絶賛する意見と酷評する意見とがあり、賛否両論でした。女優としてのイメージが定着した山本美月。演技に対する評価もきちんとされるようになったことが、彼女の成長を表している証拠と言えるでしょう。

 

『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(2016年の夏ドラマ)

 

総合商社を舞台に新入社員が葛藤を抱えながらも奮闘し成長していく物語。中島裕翔主演、遠藤憲一、瀬戸康史、桐山照史、山本美月らが出演しました。

山本美月はヒロインで一ノ瀬(中島裕翔)の唯一の女性同期・香月あかね役を演じています。美しいのに仕事もテキパキとこなすまさに”才色兼備”という役柄の演技に対する世間の反応を見ていきましょう。

 

山本美月に対する演技の評価は好意的な意見が目立ちました。ヒロインとしてまずまずの演技を見せていると言えるのではないでしょうか。

<関連記事>

中島裕翔の演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

桐山照史の演技は下手か?上手か?ドラマの感想から検証してみた

 

スポンサードリンク

 

山本美月の演技は下手か?上手か?

これまでの山本美月の代表作における評価から、彼女の演技のポイントを見ていきます。

  • ”男を元気にする”美貌は山本美月の大きな武器である
  • 独特な声色は印象に残りやすい
  • デビュー当初はビジュアル、美貌、スタイル重視だけの”モデル女優”だったのが正直な印象
  • 演技下手でも許される愛嬌がある
  • 最近は意識の変化と演技力の向上が見られる
  • ただし、表現力は今一つなので、さらなる進歩を期待したい

 

山本美月のこれまでを振り返るとわかりますが、彼女はモデルで人気があっても決して女優としていきなり大役に抜擢されたわけではありません。チョイ役でも自分に求めらる役割をしっかりとこなし、演技力も少しづつ向上させたことで、一歩一歩ステップアップしていますね。

確かに演技力はまだまだ改善の余地がありますが、これまでの演技で努力の痕跡が見えるので、今後はさらに上手くなってくれることを期待したいですね。

今後は主役や悪役での演技も見てみたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。