飯豊まりえの演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証した

モデル出身の女優として注目されている飯豊まりえ。ガッキーこと新垣結衣を髣髴とさせる美貌と抜群のスタイルが人気で男子からも女子からも「かわいい!」と絶賛されています。

そんな飯豊まりえは女優としてもドラマや映画に出演していますが、肝心の演技についてはどうなのでしょうか。そこで今回は飯豊まりえの演技は下手なのか?上手なのか?ドラマの感想や評価から検証していきます。

スポンサードリンク

飯豊まりえの代表作における演技力の評価

『幽かな彼女』(2013年の春ドラマ)

 

中学校を舞台として人間と幽霊のコンビが問題を解決していく物語として、香取慎吾主演、杏、前田敦子、北山宏光、高嶋政宏、真矢みき、森本慎太郎、広瀬すず、飯豊まりえ、平祐奈、佐藤二朗らが出演した春ドラマ。

飯豊まりえはあまり出番が多くはありませんでしたが、世田谷区立小原南中学校の生徒で未来穂香演じる香奈、山本舞香演じるりさと中の良い矢沢舞役を演じました。

オシャレで派手好き、いじめっこの役柄でしたが、このドラマにおける飯豊まりえの演技はどうだったのでしょうか?

 

当時はまだ15歳でしたが、演技の評価は上々でした。この年齢で良い評価を得るということは演技のセンスがあるということでしょう。

 

『太陽の罠』(2013年の秋ドラマ)

 

西島隆弘主演、塚本高史、伊藤歩、石田ひかり、吉田栄作、水崎綾女らが出演したNHKの秋ドラマ。産業スパイの容疑をかけられた主人公と特許マフィアとの戦いを描いた物語。

あまり知られていないのですが、この作品に飯豊まりえが出演しており、西島隆弘と写真も撮影していたのです。飯豊まりえは尾美としのり演じる濱 考一の娘役として登場。このドラマの評判はどうでしょうか?

 

あまり登場シーンが多くなくセリフも少なかったので演技に関する評価はありませんでしたが、「かわいい!」と容姿を褒める声が目立ちました。

 

『あすなろ三三七拍子』(2014年の夏ドラマ)

 

柳葉敏郎主演、剛力彩芽、風間俊介、反町隆史、高畑充希、西田敏行、飯豊まりえ、菊池桃子らが登場し、応援団を舞台としたストーリー。

飯豊まりえは柳葉敏郎が演じる藤巻大介の娘・美紀役として登場しています。このドラマにおける飯豊まりえの評価を見ていきましょう。

 

メインを張るキャストではないのであまり目立ちませんでしたが、堂々とした演技を見せたことで「味わいのある」という高い評価も獲得しています。

<関連記事>

高畑充希の演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

 

『学校のカイダン』(2015年の冬ドラマ)

 

広瀬すず主演、神木隆之介、石橋杏奈、杉咲花、間宮祥太朗、飯豊まりえら次代を担う若手役者が数多く出演して話題となったドラマ。

”言葉の力”で学校に革命を起こす学園ドラマで、飯豊まりえは私立明蘭学園高校の生徒で日和見主義者の伊吹 玲奈を演じました。この作品は当時大ブレイク中だった広瀬すずに注目が集まりましたが、飯豊まりえの感想はどうだったのでしょうか?

 

ここでもあまりメインの役柄でなく、演技については目立ちませんでしたが、美貌においては確かなインパクトを残したといえるのではないでしょうか。

 

『アルジャーノンに花束を』(2015年の春ドラマ)

 

山下智久主演、窪田正孝、工藤阿須加、栗山千明、菊池風磨、谷村美月、大政絢、河相我聞、いしだ壱成、萩原聖人、石丸幹二らが出演した春ドラマ。世界的に有名なダニエル・キイスの小説を原作として、野島伸司が監督を務めたことでも話題になりましたね。

精神的に生涯をもつ白鳥咲人が薬によって超人的な知能と運動能力をもつ人間になったときの苦悩と哀しみを描いた作品で、飯豊まりえは主人公の妹・花蓮役を演じています。

メガネスタイルがかわいいと話題になったこの作品における飯豊まりえの評価を見ていきましょう。

 

今回も比較的地味な役柄だった飯豊まりえ。美貌は絶賛されますが、演技についてはあまり目立たないようです。もう少しインパクトのある役柄やメインキャストをやらせたいものですね。

 

『MARS~ただ、君を愛してる~』(2016年の冬ドラマ)

 

藤ヶ谷太輔と窪田正孝のW主演、飯豊まりえがヒロインで話題になったラブストーリー。これまで”地味な役”の多かった飯豊まりえが初めてヒロイン抜擢された記念すべき作品でもあります。

ドラマが始まる前から「あのかわいい女子は誰だ!?」と話題になりました。大ブレイクのきっかけともなるこの作品における飯豊まりえの演技はどうだったのでしょうか?

 

初のヒロインということで緊張とプレッシャーも大きかったはずであり、”ラブシーン”も満載でしたが、丁寧な演技を披露。演技の評価も上々で透明感溢れる美貌と声も注目されました。

 

『好きな人がいること』(2016年の夏ドラマ)

 

桐谷美玲、山崎賢人、三浦翔平、野村周平、大原櫻子、佐野ひなこ、菜々緒、飯豊まりえらビジュアル面を充実させた月9ということで話題になった夏ドラマ。

飯豊まりえは柴崎冬真(野村周平)の恋人・二宮風花役として登場。イケメン末っ子感満載の冬真のわがままに振り回されることが多い役柄ですが、このドラマにおける飯豊まりえの演技はどうだったのでしょうか?

 

スキコトで一番可愛いのは飯豊まりえだ!という声も多く、その確かな美貌については評価されています。演技についてはこのドラマ全体的に賛否両論が多いのも事実であるため、評価らしい評価はありませんでした。

ただし、このドラマの女優陣の中では、大原櫻子と並んで安定した演技を披露していると言えるでしょう。安心して見ていられるのが大原櫻子と飯豊まりえでした。

<関連記事>

大原櫻子の演技が上手いと絶賛される3つの理由

菜々緒月9の演技は下手か?上手か?感想から検証してみた

桐谷美玲月9の演技が下手すぎてひどいと酷評される7つの理由

佐野ひなこの演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

 

スポンサードリンク

 

飯豊まりえの演技は下手か?上手か?

ここまで飯豊まりえが出演してきた代表作における演技の感想をまとめた結果、次のような評価となります。

  • 与えられた役割をしっかりとこなす安定感のある演技ができる
  • ラブストーリーのヒロインでは、しっかりとした”ラブ演技”のできる確かな表現力がある
  • 声の質、透明感のある美貌は魅力的なのでヒロインができる逸材であるのは間違いなし
  • ただし、全体的に地味な役柄が多いので演技の幅については未知数
  • 今後はコメディタッチやサスペンス、悪女役など幅広い演技を観てみたい

 

経験や出演作もまだまだこれからですが、登場した作品では安定した評価を獲得しています。見た目に華があるので、今後は自身な役柄でなくゴールデンドラマのヒロインやメインキャストの演技を期待したいですね。

これからの経験次第では一気にトップ女優に昇りつめるほどの伸びしろを感じられる女優なので、今後の活躍に期待です。

<こんな記事も読まれています>

三浦翔平月9の演技が上手いと絶賛評価される3つの理由

山崎賢人の演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

野村周平の演技は下手か?上手か?ドラマの感想から検証してみた

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。