『遺産相続弁護士 柿崎真一』森川葵の演技が上手いと絶賛されるワケ

2016年7月スタートの夏ドラマ『遺産相続弁護士 柿崎真一』。三上博史主演、森川葵、豊原功補、酒井若菜が出演し、コメディタッチのB級感溢れる独特の世界観で話題になっています。

その中でも新米弁護士の丸井華役を務める森川葵の演技が上手いと話題です。そこで今回は森川葵『遺産相続弁護士 柿崎真一』の演技が上手いと絶賛される理由を見ていきます。

スポンサードリンク

なぜ『遺産相続弁護士 柿崎真一』で森川葵の演技が上手いと絶賛されるのか?

その1.眼力が半端ない!

 

今日から華つん髪型がちがうのれす。#いわゆる盛れたってやつ#遺産相続弁護士柿崎真一#森川葵

ドラマ 遺産相続弁護士 柿崎真一さん(@kakizakishinichi)が投稿した写真 –

 

森川葵の一番の特徴はやはりパッチリとした瞳でしょう。目の大きさは日本人の平均サイズより1.5倍も大きいと言われており、この大きな瞳と左目の泣きぼくろが何ともキュートですね。

チャームポイントである大きな目はビジュアル的に可愛いだけでなく、女優としての存在感や説得力を高めています。役者はやはり”目で訴えかける”眼力が必要なもの。この点において森川葵は天性の才能がありますね。

 

その2.滑舌よく透明感のあるキレイな声!

 

声というのは人の好き嫌いに影響してくるもの。声がキレイなら思わず聞き入ってしまうし、声が汚ければ不快な気持ちになりますね。上の動画でも明らかなように森川葵の声はとてもキュートで透明感のある声をしています。

さらに滑舌よくセリフも聞き取りやすいのが◎。目の保養だけでなく、耳の保養にもなる”エンジェル・ボイス”も森川葵が絶賛される理由の1つと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

その3.コメディタッチの演技も秀逸!

 

『遺産相続弁護士 柿崎真一』はコメディタッチのドラマ。森川葵が演じている丸井華もテキパキと仕事をこなすと思いきや、お金のためならボスの柿崎真一(三上博史)をも簡単に裏切ります。

こうしたコメディタッチの演技はもちろん、台本や演出である程度表現することができますが、やはり本人が乗り切れていないと”寒さ”が視聴者に伝わってくるものですね。

『神の舌を持つ男』の木村文乃のコメディ演技が酷評されているのは、感情が乗り切れていないから、薄ら寒く感じてしまうのです。

<関連記事>

木村文乃の演技は下手か?上手か?ドラマの評価から検証してみた

この点、森川葵のコメディ演技は”ノリの良さ”が観ている側に伝わってくるほど良い演技をしています。こうした”喜怒哀楽”を巧みに表現できる森川葵の演技力はまさに本物と言えるでしょう。

 

最後に

奇跡のような美貌、圧倒的な演技力、可愛げのあるキャラクターで『遺産相続弁護士 柿崎真一』でも大人気の森川葵。まさに「素晴らしい!」の一言ですね。

ちなみに下の記事で書いたように森川葵はこのドラマ以外の演技でも高い評価を獲得しています。まさに次世代を担う注目の女優です。

<関連記事>

森川葵の演技は下手か?上手か?出演したドラマの評価から検証してみた

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。