『フランケンシュタインの恋』がつまらない!面白くないと酷評される理由

2017年4月から放送がスタートした春ドラマ『フランケンシュタインの恋』。綾野剛、二階堂ふみ、柳楽優弥、川栄李奈ら豪華キャストが多数出演する”純度100%のラブストーリー”として話題を集めていました。

しかし、放送終了後には「おもしろくない!」という声が相次いでいます。なぜ『フランケンシュタインの恋』はつまらない!と酷評されているのか?そこで今回はドラマ『フランケンシュタインの恋』が面白くないと感想が多く、評価が低い理由について見ていきます。

スポンサードリンク

なぜ?『フランケンシュタインの恋』がつまらないと評判が悪い理由

その1.キノコが気持ち悪い

酷評されている一番の理由はこれでしょう。とにかくキノコがグロくて気持ち悪いという声が数多くありました。このドラマの主人公である怪物(綾野剛)は、身体からキノコが生えて飛び出てきたり、菌を放出してしまうという設定。

これが人間とは一緒に暮らせないという所以だったのかもしれませんが、とにかくキノコの登場回数が多すぎますね。とくに怪物が寝て起きた後に、布団に大量にキノコが生えているのは、かなり気持ち悪かったようです。そりゃそうですよね、もし、自分の布団にキノコが生えていたら・・・と想像するだけで鳥肌が経ってしまいます。

キノコの登場回数を大幅に減らせば、もう少し脱落者が減ったはず。もしくは、キノコを「クリボー」みたいな可愛いデザインにすれば良かったと思います。しかし、ドラマの制作陣のポリシーなのか?はたまたキノコフェチなのか?キノコが減ることはありませんでした。

スポンサードリンク

その2.二階堂ふみ演じる津軽継実の”清楚感”に違和感を感じる

2番めに多かった声はヒロインの津軽継実のキャラクターと二階堂ふみの演技ですね。津軽継実は大学の研究室で菌の研究に励むリケジョ。清楚で真面目だが変わり者。好奇心をくすぐられるものには、恐怖心を忘れて近づいていってしまいます。

ここまではいいのですが、質の悪い男たちに酒を飲まされて、そのまま連れされてしまうのはあまりにも無防備すぎますよね。今どきあり得ないくらいの無防備差です。そんな経験をしたのに、飄々と怪物のもとに訪れる無神経さ。さらに、妹が危ない目にあったのに、その後は何もなかったかのように放置する姉。リアリティがないんですよねぇ。

さらに、リアリティの無さに拍車をかけているのが、二階堂ふみの奔放すぎる熱愛関係でしょう。すでに”恋多き女性”として世間にその名を轟かせている彼女は熱愛の噂が後をたちません。これまでロックバンドのオカモトレイジやハマ・オカモト、俳優の菅田将暉や『フラ恋』で共演中の新井浩文、最近では元モデルのイケメン・米倉強太と浮名を流してきました。


”男好きする”顔と雰囲気で男性から人気の二階堂ふみ。共演者をことごとく・・・というイメージがあるからなのか、綾野剛や柳楽優弥は大丈夫??と心配している人すらいるかもしれません。

そんな”超肉食系女優”が清楚で真面目な津軽継実を演じても・・・。津軽継実が清楚であればあるほど、二階堂ふみの男好きイメージが邪魔をしてしまうのが人というもの。どうせなら、川栄李奈が津軽継実を演じて欲しかった!と思っている方も多いのではないでしょうか。もしくは、津軽継実が肉食キャラならば違和感はなかったかもしれません。

<追記>

残念がら二階堂ふみが演じる津軽継実の演技も酷評されているようですね。とくに二階堂ふみの◯◯◯が鼻につく方が多いようです。

>>二階堂ふみ『フラ恋』の演技が酷い!嫌い!と酷評されている本当の理由

最後に

残念ながら高い評価を獲得できていない『フランケンシュタインの恋』。綾野剛、柳楽優弥、川栄李奈はその演技力と存在感を発揮しているだけに残念でなりません。今後の巻き返しに期待したいものです。

こんな記事も読まれています

二階堂ふみの演技は下手か?上手か?ドラマの感想から検証してみた

『ボク、運命の人です。』がクソつまらない!と感想が多い残念すぎる理由

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • キャラがどうとか二階堂ふみの性癖とか以前に、
    題名にフランケンシュタインという名を使うことが色々な意味で理解できない

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。