『恋ヘタ』がつまらない、面白くないと感想が多い3つの理由

2017年4月6日からスタートした春ドラマ『恋がヘタでも生きてます』。高梨臨、田中圭らが出演することで注目されてきました。しかし、放送終了後には視聴者から「おもしろくない!」、「つまらない」という感想が多く酷評されています。

なぜ『恋ヘタ』はここまで評価が低いのか?そこで今回はドラマ『恋がヘタでも生きてます』が面白くないと酷評されている理由について見ていきます。

スポンサードリンク

なぜ?『恋ヘタ』がつまらないと感想が多く酷評される3つの理由

その1.全体的にミスキャスト

『恋ヘタ』はキャストがチグハグというか噛み合っていないですね。まず、主演の高梨臨がキャリアウーマンという設定がかなり厳しい。正直、喋り方があまり上手じゃないし知的じゃないから、キャリアウーマンに見えてないと感じるのは筆者だけでしょうか。

しかも、仕事はできるけど恋はヘタって・・・。逆でしょ??と感じた方もいるでしょう。高梨臨は美人で『不機嫌な果実』の印象が強い方も少なくないはず。そもそも主人公と主演の設定があってない気が。

さらに、朝ドラ『べっぴんさん』で注目を集めた土村芳もイメージと合っていませんね。『恋ヘタ』では少し老けて見えてしまうところもあります。正直、土村芳は朝ドラのイメージが強すぎて『恋ヘタ』にかなり違和感を感じた方も多かったのではないでしょうか。

全体的にミスキャスト。唯一、田中圭だけが孤軍奮闘していたかな。

その2.ありきたりなストーリー

全体的に”既視感”があるというか、どこかで見たことがあるというか、平たく言うと”ありがちなストーリー”と感じた方も多いのではないでしょうか。仕事に夢中でサバサバした女がひょんなことから恋に落ちる。これって篠原涼子の『オトナ女子』と同じ設定ですよね。しかも、『オトナ女子』も恋愛ゲームのベンチャー企業だったような・・・。

ボーっとしてキスを待っているとか、キャリアウーマンが仕事にてがつかないとか、部下の年下イケメンが好意を寄せているとか、しかも後輩に婚約者を寝取られるとか。全部どこかで見たことがあるようなシーンのオンパレード。

このドラマは過去のドラマのシーンをつなぎ合わせただけのドラマなのか?と感じた方もいたのではないでしょうか?

スポンサードリンク

その3.ベタすぎてリアリティがない

「こんなのあり得ないだろ?」と思えるような設定もありました。田中圭がエリートという設定ですが、ニューヨーク帰りの犬連れエリート。。。バブル??しかも、公園でばったり出会った男とあんなに喋りますかね?

簡単にキスをさせたり、後輩に寝取られたのに、土下座されたら許しちゃうって・・・。いちいちリアリティがないから、ツッコみたくなってきて物語の世界にぜんぜん入り込めない方もいたはず。『恋ヘタ』はあえてベタな展開にしているのかもしれませんが、あまりにもベタベタすぎて現実的じゃなさすぎるという声もありました。

最後に

残念ながら酷評が相次いだ『恋ヘタ』。今後の盛り返しに期待したいものですね。

こんな記事も読まれています

片寄涼太『兄こま』の演技が下手くそ!と酷評される理由

『ひよっこ』がつまらない、面白くないと酷評され視聴率も低い理由

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。