藤ヶ谷太輔『櫻子さん』の演技が下手クソ!と酷評される理由

2017年4月から放送されている春ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』。人気コミックが原作で、観月ありさ、藤ヶ谷太輔、高嶋政宏、新川優愛、上川隆也ら豪華キャストが出演することで話題になっていました。

しかし、フタを開けてみれば視聴率惨敗の大爆死。その中でも準主役の館脇正太郎を演じる藤ヶ谷太輔の演技力について「下手くそ過ぎ」、「棒演技」、「大根」などと酷評されています。なぜ藤ヶ谷太輔の演技の評判はここまで悪いのか?

そこで今回は藤ヶ谷太輔の演技が下手くそとと酷評されている理由について見ていきます。

スポンサードリンク

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』藤ヶ谷太輔の演技が酷いと酷評される理由

1.セリフが棒読み

演技において最も基本的なことだと思いますが、セリフに感情を乗せる、シーンや周りに合わせた自然なセリフ回しはとても大切です。そもそも、セリフに感情がこもってないで棒読みだと視聴者は違和感を覚えるし、ドラマに感情移入することができず、白けてしまいますね。

今回の藤ヶ谷太輔はセリフが全般的に棒読みで、感情がセリフに乗らずに上滑りしています。棒読み感がひどすぎて思わず笑ってしまったという声もありました。

スポンサードリンク

2.表情に心がこもっていない

演技をする上でセリフと同じくらい大切なのが表情です。ドラマや映画などの映像作品は小説のように登場人物の感情を語れません。(櫻子さんでは「心の声」が登場しますが。。。)だからこそ、その時の感情を表情や目で物語らなくては視聴者に伝わりません。

藤ヶ谷太輔の演技を見ているとやはり感情が表情や視線に乗っていません。そのため、視聴者に伝わらない演技になってしまっているのでしょう。やはり役者は与えられた役と真剣に向き合い役作りをしていきます。真剣さが足りなかいのかな?藤ヶ谷太輔はアイドル活動がメインであり、役者は本業ではないので仕方ないかもしれませんが。

最後に

残念ながら酷評する声が相次いでいる藤ヶ谷太輔の棒演技。悪評を跳ね返して挽回してほしいですね。

こんな記事も読まれています

いつも通り!?山P『ボク運』の演技が酷すぎると酷評されるワケwww

『フラ恋』の評価が低いのはキノコとあの”肉食女優”のせい!?

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 芝居やったことないのに下手とか大根とか言わないで欲しい。
    どんなけビビリな演技が難しいか、一回やって見なって思う。
    同じグループのファンが批判するのは、どうかと思う。
    具体的に何がダメか言えるの。
    見てるだけは、簡単だ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。